ニュース
VR

水平および垂直の切断線の知識を理解する

必要な長さの平板の巻き戻し、レベリング、測定、切断により、金属板を積み重ねて積み重ねるのに使用されます。冷間圧延および熱間圧延炭素鋼、シリコン鋼、ブリキ、ステンレス鋼、およびあらゆる種類の処理に適しています。メッキでコーティングされた金属材料。

9月 02, 2021

水平および垂直のせん断線、比類のないことができます!すべてのポイント

これ 金属シートを積み重ねたり、巻き戻したりして積み重ねるのに使用されます。 平準化、測定、および必要な長さのフラットへの切断 シート。冷間圧延および熱間圧延炭素の処理に適しています。 鋼、ケイ素鋼、ブリキ、ステンレス鋼およびあらゆる種類の金属 メッキでコーティングされた材料。


せん断線分類

1.1。 横せん断板の厚さに応じて分割できます 薄板横せん断線に(加工厚さ0.1-3.0mm) 厚板横せん断線(加工厚さ3.0〜6.0mm)。

2.2。 縦せん断金属原料に応じて分割可能 銅ベルト水平せん断線、ステンレス鋼水平せん断に ライン、コールドプレート水平せん断ライン、ケイ素鋼水平せん断 ライン、ブリキ水平せん断線。

3.3。 自動化の程度に応じて、自動に分けることができます 水平せん断線と半自動水平せん断線。


横剪线


せん断線構造

水平 主に給餌車、巻き戻し機、 レベリングマシン、給餌組織、せん断機、輸送 機器、スタッキング機器など。スリッターは シート材を必要なものにカットするために生産ラインに装備 せん断と積み重ねの幅と長さ。高性能です。 機械、電気、液体を統合する商品。 自動化、シンプルで信頼性の高い操作。固定の高精度 長さ、板金の高い平坦性、規則的な積み重ね。


スリッターライン

また スリッター、スリッター、スリッター、 はさみ、主にブリキ、亜鉛メッキ鉄、ケイ素鋼に使用されます シート、冷間圧延ストリップ鋼、ステンレス鋼ベルト、アルミニウムベルト、 スチールベルトおよびその他のコイルスリットせん断。金属コイル材料は切断されていますか ストリップの必要な幅に入れてから、ストリップを小さく収穫します 次の手順のためのコイルは、変圧器、モーターの専門家、そして 他の金属ストリップ精密せん断装置。

種族

1.1。 スリット板の厚さに応じて、に分けることができます スリッティングプレートライン(加工厚さ0.1-3.0mm)とスリッティングプレート ライン(加工厚さ3.0-6.0mm)。

2.2。 垂直せん断金属原料に応じて、分割することができます 銅ストリップ垂直せん断線、ステンレス鋼垂直せん断に ライン、コールドプレート垂直せん断ライン、ケイ素鋼垂直せん断ライン、 ブリキ垂直せん断線。

3.自動化の程度に応じて、自動スリッターラインと半自動スリッターラインに分けられます。

専門家に適用可能

主に変圧器、モーター、家電、自動車、建材、包装業などに使用されています。

プロセスフロー

給餌 トロリー供給-巻き戻し機-巻き戻し-排出フレーム -保管ピットの巻き戻し-円形せん断機のスリッター- トランジションフレーム-テンション構造-ワインディングマシン-アンロード トロリー-油圧コンポーネント-電気制御システム- 空気圧コンポーネント。

縦断 せん断降伏プロセスは、小型車(アンコイラー)に供給されます 材料設備-ドラッグレベリングマシン-ネックシャー-1#ガタガタ ブリッジ-精留供給装置-スリッター-廃棄物エッジ 巻線機-フレーム-2#壊れやすい橋-事前に割り当てられた材料 機器-テンションマシン-供給機器-ボリューム 分類鋏-ステアリングシリンダーリアアクスル-巻き取り機- 排出車-ヘルプサポート-油圧システム、電気システム。


基本情報
  • 年設立
    --
  • 事業の種類
    --
  • 国/地域
    --
  • メイン産業
    --
  • 主な製品
    --
  • エンタープライズリーガル人
    --
  • 総従業員
    --
  • 年間出力値
    --
  • 輸出市場
    --
  • 協力したお客様
    --
Chat
Now

お問い合わせを送ってください

別の言語を選択してください
English
Tiếng Việt
Türkçe
ภาษาไทย
русский
Português
한국어
日本語
italiano
français
Español
Deutsch
العربية
Српски
Af Soomaali
Sundanese
Українська
Xhosa
Pilipino
Zulu
O'zbek
Shqip
Slovenščina
Română
lietuvių
Polski
現在の言語:日本語